【2022年3月更新】VTとVTIの違い(投資国/セクター/チャート比較)

この記事では、全世界に投資するVT、全米に投資するVTIの違いを明確にしていきます。

比較する項目
  • セクター
  • 銘柄
  • チャート(値動き)

私も投資を始めた頃に、

  • 「VTとVTIの違いを知りたい。」
  • 「全世界と全米はどんな特徴があるんだろう。」
  • 「結局、どっちのETFに投資すれば良いの?」

といった疑問を感じていました。

VTとVTIの違いを明確にしていくことで、皆さまの投資戦略の参考にしていただければ幸いです。

目次

記事でお伝えしたいこと

  • VTIのほうがパフォーマンスは高い
  • VTは全世界に分散できる点が良い
  • 投資戦略によって使い分けるのが良い

VTIの3つのメリット

  • アメリカに集中投資できる
  • アメリカ国内の4100銘柄に分散投資できる
  • 高成長のアメリカに投資することで高パフォーマンス

VTの3つのメリット

  • 世界49カ国、9350銘柄に投資が可能
  • どの国が成長しても恩恵を授かることができる
  • リバランス(調整)が不要でお手軽
ざきちゃん
どちらのETFも良い側面、悪い側面があるため、使い分けをオススメします。

VT/VTIの徹底比較

ETFヒートマップ

引用元:finviz

ETFヒートマップではVTIとVTは別々のジャンルに属しています。

VTIはUS INDEX(アメリカの株式指数)に分類され、同じ分類のETFにはVOO(S&P500)、DIA(ダウ30種)、QQQ(ナスダック100)があります。海外ETFの超王道の銘柄ばかりで、実際に投資している人も多いのではないでしょうか。

VTはGLOBAL INDEX(全世界の株式指数)に分類され、同じ分類のETFにはACWI(全世界株式)があります。全米と比較すると全世界株式のETFは規模が小さいことが分かります。

ETFヒートマップについては別記事でまとめています。ETFを網羅的に理解したい人はぜひご覧ください。

あわせて読みたい
【パッと見で覚える】ETFをヒートマップで感覚的に理解する! 「海外ETFって分かりにくい。。。」 「アルファベットの羅列でとっつきにくい。。。」 「どんな種類があるのか、大まかに理解したい!」 というお悩みを解決します。 私...

概要比較(VT/VTI)

スクロールできます
銘柄名名称
VTバンガード・トータル・ワールド・ストックETF
VTIバンガード・トータル・ストック・マーケットETF
ETFの名称(Bloombergから引用)

どちらも「トータル」というワードが入っている通り、非常に多くの銘柄をカバーしているETFです。

ざきちゃん
名称が似ていて覚えにくいですが、「ワールド」が入っている方がVTだと覚えました。
スクロールできます
項目VTVTI
運用会社バンガードバンガード
組入銘柄数9,3504,136
運用資産総額341億ドル1兆3000億ドル
配当利回り1.65%1.26%
経費率0.07%0.03%
配当-経費(率)1.58%1.23%
配当スケジュール年4回年4回
ETFの概要比較(YahooFinanceUSAを参考)

組み入れ銘柄は全世界に投資しているVTが9350銘柄、VTIが4136銘柄となります。1つのETFで全世界の9000社以上に投資できることは本当に手軽ですね。

運用資産総額ではVTが341億ドル、VTIが1兆3000億ドルとなっています。ETFにヒートマップでも確認したように、運用資産総額ではVTIの圧勝です。「運用資産総額=ETFの良さ」ではないので、後ほど細かく比較をしてみましょう。

(配当利回り-経費率)ではVTが1.58%、VTIは1.23%です。配当利回りではVTが優れており、経費率ではVTIが優れている結果となりました。

ざきちゃん
どちらも低コストで運用できて、1%以上の配当利回りを期待できる優秀なETFです。

投資国比率(VT/VTI)

参考データ:VT(Vanguard VT)/VTI(Vanguard VTI)
スクロールできます
国名VTVTI
アメリカ57.1%100.0%
日本7.0%0.0%
中国4.5%0.0%
イギリス4.1%0.0%
カナダ2.7%0.0%
フランス2.6%0.0%
ドイツ2.4%0.0%
スイス2.3%0.0%
オーストラリア2.0%0.0%
台湾2.0%0.0%
韓国1.8%0.0%
インド1.3%0.0%
ニュージーランド1.1%0.0%
スウェーデン1.1%0.0%
香港0.9%0.0%
イタリア0.7%0.0%
スペイン0.6%0.0%
デンマーク0.6%0.0%
ブラジル0.6%0.0%
南アフリカ0.5%0.0%
その他4.2%0.0%
参考元:VT(Vanguard VT)/VTI(Vanguard VTI)

ETFの投資銘柄の国別比率を見ていきます。

VTIはアメリカに100%投資しているETFであるのに対し、VTは49カ国に投資されています。VTの国別比率を見ていくと、57%がアメリカへ投資されており、次いで日本7.0%、中国4.5%、イギリス4.1%に投資されています。

アメリカの比率が多いからVTIで良いのでは?

VTは将来的に中国・インド・ブラジルといった国が成長してきた際に、自動で調整してくれます。

ざきちゃん
VTは国別の成長を気にしなくても良いのが手軽ですね!

投資セクター比率(VT/VTI)

参考元:VT(Vanguard VT)/VTI(Vanguard VTI)
スクロールできます
セクターVTVTI
情報技術21.1%25.5%
一般消費財15.8%16.4%
金融14.4%11.9%
資本財14.2%14.2%
ヘルスケア11.0%13.1%
生活必需品6.0%5.0%
素材4.4%2.2%
エネルギー3.6%2.8%
不動産3.5%3.4%
公共事業3.0%2.9%
通信サービス3.0%2.6%
参考元:VT(Vanguard VT)/VTI(Vanguard VTI)

投資セクターを見ていきましょう!

アメリカはApple、マイクロソフトといった超巨大なハイテク企業があるため、VTIは情報技術セクターが25%と高い傾向があります。全世界のVTでも情報技術セクターが21.1%と高いことは意外ですね。

投資セクターの差が小さい理由は、VTの57%がアメリカだということです。20~30年後にアメリカ以外の国が成長した際、セクターの違いが出てくるのではないでしょうか。

ざきちゃん
投資セクターの大きな違いは無いので、どういった銘柄に投資しているのか気になります!

投資銘柄(VT/VTI)

スクロールできます
企業名(英語)ティッカーVTVTI
Apple Inc.AAPL2.81%4.58%
Microsoft Corp.MSFT2.55%4.38%
Amazon.com Inc.AMZN1.98%3.42%
Facebook Inc.FB1.05%1.80%
Alphabet Inc.GOOGL0.96%1.63%
Alphabet Inc.GOOG0.94%1.55%
Tesla Inc.TSLA0.73%1.26%
Tencent Holdings Ltd.7000.64%0.00%
JPMorgan Chase & Co.JPM0.63%1.08%
Johnson & JohnsonJNJ0.58%0.99%
Alibaba Group Holding Ltd.99880.55%0.00%
Berkshire Hathaway Inc.BRK.B0.55%1.13%
Visa Inc.V0.53%0.91%
UnitedHealth Group Inc.UNH0.51%0.87%
NVIDIA Corp.NVDA0.48%0.81%
Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. Ltd.23300.47%0.00%
Home Depot Inc.HD0.47%0.80%
Mastercard Inc.MA0.45%0.78%
Walt Disney Co.DIS0.45%0.78%
Nestle SANESN0.45%0.00%
Procter & Gamble Co.PG0.44%0.76%
Bank of America Corp.BAC0.42%0.73%
PayPal Holdings Inc.PYPL0.42%0.71%
ASML Holding NVASML0.35%0.00%
Comcast Corp.CMCSA0.34%0.59%
Adobe Inc.ADBE0.33%0.56%
Exxon Mobil Corp.XOM0.33%0.56%
Verizon Communications Inc.VZ0.32%0.52%
Intel Corp.INTC0.32%0.54%
AT&T Inc.T0.30%0.52%
参考元:VT(Vanguard VT)/VTI(Vanguard VTI)

具体的な投資銘柄を見ていきましょう!

VTの上位30銘柄のうち、VTIが投資できていない銘柄は、テンセント/アリババ/台湾セミコンダクター/ネスレ/ASMLホールディングスの5社でした。日本では最も時価総額が大きな会社のトヨタ自動車にも、VTでは上位46番目に投資されています。

VTIではアメリカ限定で投資されているため、アップル/マイクロソフト/アマゾン/グーグル/フェイスブックといった強力な銘柄に集中投資することができます。逆に、アメリカ以外の国で超有力な企業が現れた際、VTIではカバーが出来ません。

ざきちゃん
アメリカ以外の国が急成長した時にはVTが優位になり、アメリカが世界最大の経済大国でありつづければVTIが優位になる!

チャート比較(VTとVTI)

【チャート比較】VTとVTI

【チャート】VTとVTI
【チャート比較】VT/VTI(参考HP)
VTIとVTではどっちの方がパフォーマンスが高いの?

VTIです。

2008年から2021年のチャートを比較してみました。

VTIは+239%、VTは+107%とパフォーマンスの差は明確です。VTIは13年で3倍以上に成長していることを考えると非常に高いパフォーマンスですね。

ざきちゃん
VTも2倍になっているので、十分に高いパフォーマンスです。

【チャート比較】VT/VTI/VWO/VEA

【チャート比較】VT/VTI/VEA/VWO(参考HP)
なぜ、VTIとVTではパフォーマンスの差があるの?

アメリカ以外の先進国、新興国が原因です。

VTの57%はアメリカですが、その他の43%の地域のパフォーマンスを比べてみましょう。VWO(新興国)、VEA(アメリカ以外の先進国)の2つのETFを見ると、+20%前後のパフォーマンスです。現段階ではアメリカが世界最大の経済大国であるため、その他の地域のパフォーマンスが劣ってしまいます。

私は現段階、あるいは一部の期間のパフォーマンスだけを切り取って判断することをオススメしません。例えば、現段階では「パフォーマンスが高いからVTIで良い」と判断することもできますが、2005年~2013年の期間を見るとVWO(新興国)がVTIよりも高いパフォーマンスを発揮していました。

ざきちゃん
私は新興国の経済成長に期待をしているため、VTやVWOといったETFをオススメしています。
あわせて読みたい
【新興国ETF】VWOに投資している3つの理由(IEMG、EEM) 私は資産1億円を目指すサラリーマン、ざきちゃんです。(@zakichan_blog) 今日は私も投資している新興国ETFのVWOを紹介します。 アメリカへの投資は高いパフォーマンスが...

【チャート比較】VTとVTIとGLDとTLT

【チャート比較】VT/VTI/GLD/TLT
【チャート比較】VT/VTI/GLD/TLT(参考HP)
VTに投資をすれば分散投資になる?

資産額の変動を抑えたいのであれば債券、金への投資をオススメします。

VTであれば、世界49カ国、9000銘柄以上に投資することができます。VTを活用したとしても、株式オンリーの資産配分では金融リスクの際に資産額が下落してしまいます。株式と異なる債券・金といった資産へ投資することで、資産額の下落を抑えることができます。

例えば、2008年のリーマンショック、2020年のコロナショックといった金融危機が起きた際、株式は20%以上も下落しました。株式が大きく下落したタイミングで、債券・金は上昇しています。

株式・債券・金に分散投資を行えば、10年に1度のリスクにも備えることができます。分散投資の方法については、高橋ダンさんの長期ポートフォリオ戦略を参考にしています。

あわせて読みたい
【高橋ダン】ウォール街の分散投資の極意!? 高橋ダンさんの分散投資について考えてみたいと思います! この記事は、 株式投資以外に興味がある方 分散投資を行いたい方 高橋ダンさんのファンの方 に向けて書いてい...

チャート比較まとめ

  • パフォーマンスが高いのはVTI
  • アメリカ以外の地域がパフォーマンスが高い時期もある
  • 資産の変動を抑えるためにはVT+債券+金が必要

まとめ:VTとVTIを投資戦略に落とし込む

VTとVTIの情報、チャートを比較してきたことを投資戦略に落とし込みます。投資戦略を考えていく前に、メリットとデメリットを振り返ってみます。

VTIのメリット/デメリット

VTIのメリット
  • アメリカに集中投資できる
  • アメリカ国内の3700銘柄に分散投資できる
  • 高成長のアメリカに投資することで高パフォーマンス
VTIのデメリット
  • アメリカ以外の国の成長をカバーできない
  • 2005~2013年は新興国よりも低いパフォーマンス
  • アメリカ企業が進出できていない国がある
あわせて読みたい
【分散投資】VTI、S&P500だけで良いの?投資家の自信過剰を対策する。 【アメリカは現状、最良の投資先】 2021年4月現在、アメリカは最良の投資先の1つです。 VTI(アメリカ)、VWO(新興国)、VEA(アメリカ除く先進国)の3つのチャートを比べて...

VTのメリット/デメリット

VTのメリット
  • 世界49カ国、9000銘柄に投資が可能
  • どの国が成長しても恩恵を授かることができる
  • リバランス(調整)が不要でお手軽
VTのデメリット
  • 現状はVTIよりもパフォーマンスは劣る
  • パフォーマンスが低い地域にも投資してしまう
  • 地域によって投資割合の意思入れができない

投資戦略に落とし込む

私は「VTIだけに投資をすることは一種の集中投資である」と考えます。アメリカ一国に投資をすることは「アメリカ以外の国は成長しないことに賭けている」ことと同義です。私はパフォーマンスを少し犠牲にしてでも、アメリカ以外の先進国や新興国をカバーすることを支持します。

現段階ではアメリカのパフォーマンスが圧倒的に高いため、ポートフォリオの中心はアメリカ株に担ってもらいます。アメリカ株以外の国が台頭してくる未来のために、アメリカ以外の先進国・新興国の株にも投資していきたいです。

VTは非常にオススメなETFです。1つのETFで世界をカバーすることができ、どの国が成長したとしてもリバランスする必要がありません。VTであればSBI証券・楽天証券・マネックス証券の買付手数料が無料のため、買付時のコストが発生しませんし、リバランスの手間が不要です。

VTはVTI+VEA+VWOの組み合わせでも再現できます。VEAとVWOはでは買付手数料が発生するため、買付時やリバランス時に0.45%のコストがかかります。「新興国の割合を増やしたい!」「アメリカ以外の先進国はいらない」といった意思入れをしたい方は、VTI/VEA/VWOを使ってアレンジができます。

ざきちゃん
私が理想としている投資割合は↓こんなかんじです。
理想のポートフォリオ

以上、VTとVTIを比較してみました。

皆さまの投資戦略のお役に立てれば幸いです。

本記事が「役に立った!」「面白かった!」という方はブログランキングの応援をお願いします。

ツイッターもやっているので、良ければフォローをお願いします。

ブログ村の応援をお願いします。

ブログ村
人気ブログランキング

国内株はSBIネオモバイル証券、LINE証券を利用しています。

SBIネオモバイル証券 口座開設
LINE証券口座開設

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる