QQQの構成銘柄/セクター(業種)比率/VTIとVYMと比較してみました。

目次

5年で3倍!? QQQを深堀してみた。

今回は、5年で3倍以上になっている成長ETFのQQQを詳しく見ていきます!!

▼今回の記事では、下記のような事を調べてみました~!!

・投資している銘柄
・投資しているセクター比率
・他のETFとの比較

QQQとは?

正式名称は”Invesco QQQ Trust Series 1″、ティッカーシンボル”QQQ”です。
ナスダックの上場銘柄のうち、時価総額の上位100社(金融セクターを除く)に投資しています。

ざきちゃん
ナスダックに上場している3000社のうちのトップ100社!

▼QQQの特徴はコチラ!!

・投資先は大型銘柄(上位100社だから)
・投資先はテクノロジー銘柄が多いのが特徴
・投資セクターの強弱がハッキリ分かれている

QQQ リアルタイムの株価(週足)




投資している銘柄

QQQの投資先は100銘柄です。
投資先はアップル、マイクロソフト、アマゾンといった日本でも超有名な会社に投資しています。
この3社だけでもQQQの30%を構成しており、10社でも50%を構成しています。

▼上位10社
アップル
マイクロソフト
アマゾン
テスラ
アルファベット(Google)
フェイスブック
アルファベット
エヌビディア
ペイパル
インテル

投資先の業績は?

構成比が1%以上の22社の業績を見てみました。
売上高がこれだけ大きいにも関わらず、成長率も10~20%以上がゴロゴロしていますね。
価格競争に巻き込まれていないのか、利益率が20%以上の企業が多いですね。

投資している業種、セクターは?(VTI、VYMと比較)

QQQとVTIとVYMを比較しながら、セクター比率を見てみます。

QQQ…ナスダック上位100社(金融除く)
VTI…全米3600社
VYM…米国の高配当400銘柄

あわせて読みたい
【高配当】VYMの構成銘柄、セクター比率をVTIと徹底比較! 今回は高配当ETFの「VYM」を紹介します。 私が投資を始めたての頃、「高配当ETFのVYMって、、、よく聞くけれど、他のETFと何が違うんだろう。。。」と悩んでいました。 ...

QQQはテクノロジー44%、通信20%、一般消費財18%と、上位3セクターで82%も占めています。

QQQは金融セクターへの投資を行っていません。
金融セクターは、VTIでは14%、VYMでは22%の構成比を持っています。

これはQQQを運用しているインベスコ社の意思入れが影響していますね。
「JPモルガンチェース、バークシャーハサウェイ、バンクオブアメリカといった巨大金融企業に投資したくない」というメッセージだと受け取っています。

投資戦略

QQQは他のETFと比べると、銘柄数が少なく、時価総額が大きな銘柄に絞っています。
意図的に金融セクターを避けることで、リターンが大きくなるように設計されています。
逆に言えば、金融セクターが好調な局面ではリターンが劣ることもあります。

これを踏まえたうえで、私の投資戦略は以下の通りです。

①資産の5~6割はVTIに任せる。
②資産の1割をQQQに任せる。
③VTIとQQQは売らない。

QQQの投資銘柄は世界規模で事業を展開している企業です。
これらの企業が衰退した際にはQQQの投資対象から外れ、次世代の銘柄がQQQの投資対象になります。

VTIと違い、投資銘柄を絞っているため、投資銘柄の成長の恩恵を大きく受けられます。
逆もしかりですが…笑

ではでは。

あわせて読みたい
【2022年3月更新】VTとVTIの違い(投資国/セクター/チャート比較) この記事では、全世界に投資するVT、全米に投資するVTIの違いを明確にしていきます。 比較する項目 国セクター銘柄チャート(値動き) 私も投資を始めた頃に、 「VTとVTI...

ブログ村の応援をお願いします。

ブログ村
人気ブログランキング

SBI証券、LINE証券を利用しています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
LINE証券口座開設

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる