家計簿の計画を立て、貯蓄率を算出してみました。

2020年の家計簿をもとに、2021年の家計簿の計画を立ててみました。

目次

貯蓄率とは?

まずは、貯蓄率の意味をご説明します。

貯蓄率=貯蓄額÷収入額

収入のうち、何%を貯蓄できたかを表す数字となります。

例えば、税引後収入100万円の人が30万円を貯蓄できたとすると、
貯蓄率は30%となります。

ざきちゃん

節約は本当に大好きです!

私の貯蓄率の計画を公開

2020年の家計簿をもとに、2021年の貯蓄率の計画を立ててみました。
年間500万円の収入に対し、貯蓄は345万円の計画を立ててみました。
私の貯蓄率は69%となりました。

計画を立てることで投資に活かせる

家計簿の計画を年間で立てた理由は、年間の貯蓄額を把握したかったからです。
年間の貯蓄額を把握すると、毎月いくら投資できるかを計算できます。

私の場合、年間20万円を投資に回しても生活に余裕が出る事が分かりました。
あとは、計画通りに家計が締まっているかを確認する必要があります。

ざきちゃん

2月と3月が計画よりもオーバーしています。出張があった為、食費や交際費が増えました。出張手当の範囲内でおさめているので、セーフです。笑

貯蓄は自由な時間の積立金

私は年間150万円で生活しており、年間350万円の貯蓄が出来ています。
この350万円は2.33年分の生活費です。

10年働くと、23年分の働かなくても生きていける費用をまかなうことができます。
これが働くモチベーションと、倹約するモチベーションになっています。笑

「働かなくて生きていく」という怠惰を求めて、勤勉に行きついています。
「怠惰を求めて勤勉に行きつく」とある麻雀漫画のキャラクターのセリフです。

ではでは。

Youtubeで家計簿公開や節約術を配信しています!

ブログ村の応援をお願いします。

ブログ村
人気ブログランキング

SBI証券、LINE証券を利用しています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
LINE証券口座開設

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる