月末下落のアノマリー、4月も発動中。

また株価下落しているやん…もう嫌や…

今朝の僕ですね。笑
2021年は、定期的に「また株価下がっているやん…」が来ていると思います。

目次

▼本記事の大まかな結論

2021年以降、月末に株価が下落する傾向が続いています。
株価チャートを見ながら、下落幅等をチェックしていこうと思います。

▼1.月末下落のアノマリー(VT)

全世界インデックスファンドのVTのチャートで説明します。

2021年1月以降、月末に株価が下落する傾向があるように見えます。逆に言えば、月末以外は綺麗に上昇しているようにも見えますね。

↓四角で囲っている部分が1月~4月の月末になります。

▼2.数値で見てみた。

月末の期間は別ですが、3週間~4週間ごとに1週間の下落が続く傾向は続いています。

◆1月20日から1月29日
$96.25→$92.37(▲4.0%)

◆2月17日から2月26日
$98.39→$94.84(▲3.6%)

◆3月18日から3月24日
$97.14→$95.44(▲1.8%)

◆4月21日から4月30日
$101.25→$??.??(▲??%)

ざきちゃん
定期的な下落はガス抜きだと思って乗り切るやで!

▼まとめ

月末の下落の要因は、バイデン大統領の税制政策、金利上昇など、ファンダメンタルな要素でした。

一時的に下落が来るものの、毎月毎月、しっかり回復しているのが米国市場です。

長期的に保有したいETFは、握力強めでしっかりホールドしていこうと思います。

▼本の紹介

「マクロ経済学の観点から、市場の上昇・下降の局面を分析する事」を田中泰輔さんから学びました。
興味がある方は一読ください!


ブログ村の応援をお願いします。

ブログ村
人気ブログランキング

SBI証券、LINE証券を利用しています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
LINE証券口座開設

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる