「テスラがビットコインを売却」というニュースについて。

2021年4月27日、Bloombergにて、下記の見出しのニュースが報道されました。

“テスラ、現金の代替として流動性示すためビットコイン売却-マスク氏”

ざきちゃん
このニュースの見出しを見た瞬間、「ハッ!?」と驚きました。

今回の記事では、「ニュースの中身は必ず確認し、自分で嚙み砕かなきゃね!」という話をします。

目次

ニュースは必ず中身を読む

テレビ、新聞、ニュースといったメディアは、情報を伝える事が目的ではありません。視聴を稼ぎ、広告枠を売り、利益を得る事が目的です。

今回のニュースの見出しを見た時、私は「テスラがビットコインを売却!?ビットコイン下落してしまう!」と驚きました。同じように興味をそそられた結果、見出しをクリックした人は非常に多いと思います。

大事なのは見出しではなく中身。

見出しをクリックしたところ、下記のような記事が書かれていました。

米テスラが保有する暗号資産(仮想通貨)ビットコインの10%分を売却したのは、バランスシート上で現金の代替としての流動性を証明するためだった。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が27日、ツイートで明らかにした。

テスラ、1-3月期に1億100万ドルのビットコイン売却益

“テスラ、現金の代替として流動性示すためビットコイン売却-マスク氏”

つまり、

「売却した期間は1~3月」
「売却した量はテスラが保有するビットコインの10%」
「売却したのはバランスシートの対策」

という事です。

かつ、イーロン・マスク個人としては「保有するビットコインは売却していない」とツイートしていました。

期間、量、売却した理由の3点は、私が見出しから思ったような事態ではありませんでした。「テスラがビットコインの下落に対し、大幅な利確を行った」と思ったのは、とんだ勘違いでした。

もっと大事なのはマーケットの反応

ニュースはニュースです。マーケットにどういった影響があるのかは、ニュース記事が決めるのではなく、マーケットが決めます。

Bloombergが報じたことにより、「ビットコインのチャートがどう変動したのか」をチェックする必要があります。

特に変動がありませんでした。(ほっ…笑)

【チャート】ビットコイン

偏った判断を避ける

ニュース記事、Twitter等で得た情報を鵜呑みにしてしまうと、過剰な反応をしてしまい、誤った投資判断をしてしまうかもしれません。

偏った判断を避けるためには、「マーケットを見る」「自分で嚙み砕いて理解する」「複数の情報源を持つ」の3点を意識しています。

ざきちゃん
何はともあれ、ビットコインが暴落しなくて良かった…笑

ビットコインの投資は?

私はビットコインへの投資を行っています。

毎月決められた額を淡々と買い続けています。コインベースのIPOにより材料出尽くしが原因なのか、バイデン大統領のキャピタルゲイン増税による下落なのか、原因は分かりませんが、何も考えずに淡々と買い続けます。

ビットコインは変動率が高い為、全資産の1~5%の範囲で保有をしています。コアサテライト戦略のサテライトのような役割を担ってもらっています。全損しても全資産へのダメージが少ない範囲で投資しています。

コアサテライト戦略については、別で記事を書いています。

あわせて読みたい
コア・サテライト戦略を考えてみた。(攻めと守りのバランス) 【▼本記事の内容】 1.コアサテライト戦略とは?2.資産クラスと銘柄には役割がある3.攻めと守りのバランス 【▼本記事の大まかな結論】 まずは、大まかな結論からご説明し...

ではでは~。

ブログ村の応援をお願いします。

ブログ村
人気ブログランキング

SBI証券、LINE証券を利用しています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
LINE証券口座開設

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる