【バーナンキショック!?】量的緩和縮小が株式市場に与える影響とは?

  • 「金融緩和縮小が怖い」
  • 「バブルなのか不安」
  • 「テーパリングってなに?」

このようなお悩みを解決します。

バーナンキショックを振り返ることで、未来に起きるであろう株式市場の下落に備えていこうと思います。

 

ざきちゃん
バーナンキショックを振り返ることで、株式市場の未来を予測し、投資戦略に役立てようと思います。

 

目次

結論:バーナンキショックを振り返り、暴落に備える

過度な不安は狼狽売りに繋がる

金融緩和縮小時は一時的に株価が下がる

リスク許容度と資産配分を守る

 

ざきちゃん
暴落はいつか来るけど、分かっていれば乗り切れる!

バーナンキショックとは

皆さんはバーナンキショックをご存知ですか?2013年5月に起きた株式市場の下落のことをバーナンキショックと呼びます。

2008年のリーマンショックの対策として、FRBは大規模な金融緩和を実施しました。この対策から5年後の2013年に世界経済は回復し、世界規模の不景気を乗り切ることが出来ました。

2013年5月、当時のFRBのバーナンキ議長が金融緩和の段階的な縮小を発表しました。金融市場は金融緩和は継続されると考えていたため、予想外の悪材料だったことになります。

急な方針転換を受け、株式市場は暴落しました。バーナンキ議長の発表を受け、株式市場かま暴落したため、バーナンキショックと呼ばれています。また、金融緩和縮小や金利上昇による株価下落のことをテーパータントラムと呼びます。

 

バーナンキショックとは?
  • 2013年5月に起きた市場の混乱
  • バーナンキ議長の発言が原因
  • 発言内容は量的緩和の縮小

 

新型コロナとリーマンショックの共通点

新型コロナとリーマンショックの共通点は大規模な金融緩和が実施されたことです。金融緩和は大規模な不景気へのイレギュラーな対応策です。

不景気の中、金融緩和を行うことにより、景気が回復します。金融緩和を継続すれば、景気は上昇を続け、物価の高騰によるインフレが発生します。

事実、コロナの経済打撃を抑えるために各国が特大級の金融緩和を実施し、経済打撃を可能な限り抑制しました。各国の経済状況は回復しつつあり、インフレ率の高騰が懸念されています。

FRBは金融緩和縮小の検討を始めている

「2023年までは金融緩和の継続する」としていたFRBですが、先日のFOMCの議事録では「金融緩和の縮小を検討しなければならない」と考えているメンバーがいると発表されました。

リーマンショックの時にも同様の金融緩和が実施され、後に金融緩和縮小が発表された際、金融市場はどう動いたのかを振り返ります。

過去を振り返ることで、個人投資家が取るべき戦略を検討していきます。


◆参考になるニュース記事

▼ロイター:緩和縮小の討議開始適切、経済の急進展継続なら=FOMC議事要旨

▼Bloomberg:FOMC議事要旨:今後のテーパリング協議開始に一部が言及

FRBのバランスシート

FRB_Balancesheet

引用:Federal Reserve Board

グラフはFRBのバランスシート(総資産)です。リーマンショック、新型コロナのタイミングをきっかけにバランスシートが拡大していることが分かります。

バランスシートが拡大していることは量的緩和政策が進んでいることを意味します。量的緩和政策とは景気や物価を回復するために、市場に資金を供給する政策のことです。

 

ざきちゃん
資金が市場に供給されれば金利が下がる!金利が下がれば、企業は設備投資、個人は家などの多額の消費がしやすくなる!

バーナンキショックのチャート変動

バーナンキショックは金融市場にどう影響を与えたのか見ていきます。

コロナ禍による金融緩和もどこかのタイミングでは縮小します。過去を振り返ることで、未来に備えましょう。

▼VTI(2013/3/1~2013/7/30)

引用:Yahoo Finance USA

5/22にバーナンキ議長が議会証言をした日から6/19のFOMCまでに8%下落しました。約1か月間、株価がじわじわ下がっている状況にいると、市場参加者は不安だったと思います。

▼VTI5年チャート

引用:Yahoo Finance USA

5年チャートで見ると、バーナンキショックは小さいですね。

ざきちゃん
2015年から2017年、2018年から2019年の下落の方が気になります。

株価下落とFRBバランスシート

アメリカ市場は停滞していた2015~2017年、2018年~2019年のFRBバランスシートとVTIチャートを比較します。

ざきちゃん
バーナンキショックよりも大きく下げているし、長期間だね。。。!

▼2015~2017年

バランスシートは2012年から2013年に拡大し、2015年からは横ばいが続いています。今まで拡大していたものがピタッと止まったことに株式市場は反応しています。

▼2018~2019年

2015~2017年に横ばいを続けていたバランスシートは、2018年から縮小を始めました。横ばいから縮小していくことに株式市場は反応しています。

ざきちゃん
株式市場と金融政策は切っても切り離せない関係性なんだね!

まとめ:量的緩和政策が変わる瞬間に株式市場は下がる

量的緩和政策が変わる瞬間に株式市場は下がることが分かりました。金融政策にもよりますが、1年以上も株価が下落・停滞するようです。

量的緩和政策の状況はFRBのバランスシートを確認すれば把握できます。最低でも月に1回はFRB公式HPで公開されているバランスシートを確認していきたいです。

FRBは不景気への対策として量的緩和を実施します。景気が回復したことを確認すると、段階的に量的緩和を縮小します。FRBの金融政策にも目を向けていきましょう。

リンク先:FRBのバランスシート

ざきちゃん
理由が分かっているだけでも下落相場を乗り切れそう!

関連記事

▼分散投資を心がけることでメンタルの負担も少なくなります。

あわせて読みたい
【高橋ダン】ウォール街の分散投資の極意!? 高橋ダンさんの分散投資について考えてみたいと思います! この記事は、 株式投資以外に興味がある方 分散投資を行いたい方 高橋ダンさんのファンの方 に向けて書いてい...

▼株価下落はバーゲンセールだと思って買い向かいます。

あわせて読みたい
【株価下落】株価下落をバーゲンセールと思えるか? 「株価が急落して不安…」「暴落した株価をどう捉えていいのか…」「株を売って現金に換えたほうがいいんじゃないか?」 こういったお悩みを解決します! 資産1億円を目指...

ブログ村の応援をお願いします。

ブログ村
人気ブログランキング

SBI証券、LINE証券を利用しています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
LINE証券口座開設

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 初です!緩和縮小に備えたポートフォリオにしたいですね!
    ところで、私もブログをやっていて、以下で経済に関する漫画をレビューしているので、是非一度ご覧になってみてください!

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる