【パッと見で覚える】ETFをヒートマップで感覚的に理解する!

「海外ETFって分かりにくい。。。」
「アルファベットの羅列でとっつきにくい。。。」
「どんな種類があるのか、大まかに理解したい!」

いうお悩みを解決します。

私は資産1億円を目指すサラリーマン投資家です。(@zakichan_blog)
このブログはヒートマップに載っているETFを網羅的に紹介しようと考えています。

私は海外ETFを用いて投資を行っています。
「VOO?VTI?分かりにくい…」と悩んでいました。

今回はヒートマップを用いて、ETFを分かりやすくお伝えします。

目次

■ETFのヒートマップ

ETF_heatmap※引用:finviz ETF Map

上の図をヒートマップと呼びます。
四角の大きさが時価総額を表し、色はパフォーマンスを表します。

ざきちゃん
緑は良くて、赤は悪い!分かりやすい!

ETFは株式、債券、商品の3つ

Separate_HeatMap※引用:finviz ETF Map

ETFのヒートマップは株式と債券と商品の3つに分けられます。分類が分かることでスッキリし、理解しやすくなります。

3つの分類とは?
  1. 株式→企業に投資する
  2. 債券→国、政府、企業にお金を貸す
  3. 商品→金、銀、石油、穀物に投資する

ヒートマップをどう見るか

※引用:finviz ETF Map

ヒートマップの株式の一部を抜粋して説明します。ヒートマップは種別で配置されている場所が分かれています。

例えば、
US(アメリカ全体)、US SECTOR(アメリカの特定の業種)、etc…
といったように分類されています。

では、株式・債券・商品でどのような分類があるのか見ていきましょう!

■株式(アメリカ)

etf_US※引用:finviz ETF Map

アメリカ国内に投資するETFです。
7つに分類されていて、中身は↓コチラです。

  1. US→アメリカ全体
  2. US SECTOR→特定の業種
  3. US LARGE CAP→大型企業
  4. US MID CAP→中型企業
  5. US SMALL CAP→小型企業
  6. US VOLATILITY→変動率

アメリカの有名なETF

S&P500種指数に連動するSPY、IVV、VOO

アメリカ全体に投資するVTI

アメリカの高配当銘柄に投資するVYM

これらのETFがポートフォリオのメインの人も多いと思います。

ざきちゃん
ヘルスケア、金融といった特定業種に投資するETFもあります。

株式(アメリカ以外)

※引用:finviz ETF Map

続いてアメリカ以外のETFになります。
ヒートマップ全体でいうと右上にあります。

こちらは2つに分類されています。

  1. INTERNATIONAL→地域分散
  2. GLOBAL→全世界

[chat face=”Gt_MXyxu_400x400.jpg” name=”ざきちゃん” align=”left” border=”blue” bg=”blue” style=”maru”]よく聞くVT(全世界)って、こう見ると小さい![/chat]

地域分散、全世界

  1. 新興国に投資するVWO
  2. 先進国に投資するVEA
  3. 全世界に投資するVT
  4. 金鉱株に投資するGDX

これらは全てアメリカ以外に投資するETFです。
アメリカ一国集中に不安が残る方は、アメリカ以外のETFを使うことで地域分散が可能です。

あわせて読みたい
【分散投資】VTI、S&P500だけで良いの?投資家の自信過剰を対策する。 【アメリカは現状、最良の投資先】 2021年4月現在、アメリカは最良の投資先の1つです。 VTI(アメリカ)、VWO(新興国)、VEA(アメリカ除く先進国)の3つのチャートを比べて...

債券

Bondetf※引用:finviz ETF Map

債券に投資するETFです。
ヒートマップの右下にあります。

債券の分類は”FIXED INCOME(債券)”の1つだけです。
債券の中では主要な分類は4つです。

  1. CORPORATE→社債(VCLT)
  2. BROAD MARKET→総合債券(BND)
  3. US GOVERNMENT→米国国債(VGSH)
  4. SOVEREIGN→ソブリン債(EMB)

債券は株式と比べて値動きがマイルドです。
分配金も2~3%得ることができるのでオススメしています。

あわせて読みたい
SBI証券で買える!バンガードの債券ETFをまとめました!(BND等) 「SBI証券で買える債券ETFを知りたい」「バンガードの債券ETFの一覧が見たい」「債権ETFの詳細が知りたい」 このようなご要望を持つ方のお力になれれば幸いです。 この...

商品

※引用:finviz ETF Map

最後に、コモディティに投資するETFです。

コモディティとは
  • 貴金属(金・銀・プラチナ)
  • エネルギー(石油、天然ガス)
  • 穀物(大豆、トウモロコシ)

    コモディティに投資するETFは下記のとおりです。

    1. 金ETF→GLD、GLDM、IAU
    2. 銀ETF→SLV
    3. 原油ETF→USO

    金、銀といった貴金属はインフレに強い資産です。
    株式や債券と違う値動きをするため重宝します。

    ざきちゃん
    金は長期保有で投資しています。

    ヒートマップを調べたい

    Finvizというサイトでヒートマップを調べることが出来ます。

    ヒートマップ※引用:finviz ETF Map

    オレンジ枠内の部分でヒートマップの種類を変えることが出来ます。

    今回ご紹介したETFとは別にS&P500のヒートマップもあります。

    まとめ:ヒートマップは分かりやすい

    ETFを勉強したい人はヒートマップを活用することをオススメします。

    このブログはヒートマップに載っているETFを網羅的に紹介しようと考えています。

    ひとつずつ紹介していくので、リクエストや疑問があればどしどしメッセージをお願いします。

    ブログ村の応援をお願いします。

    ブログ村
    人気ブログランキング

    国内株はSBIネオモバイル証券、LINE証券を利用しています。

    SBIネオモバイル証券 口座開設
    LINE証券口座開設

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる