【子供の資産運用】0歳から投資/ジュニアNISA/18年後に1390万円

「子供が産まれて、お金が心配。。。」
「子供のために資産形成を始めたい!」
「資産形成の効果を知りたい。」

このようなお悩みを解決します。

私は資産1億円を目指しているサラリーマン投資家です。昨年に子宝に恵まれ、息子1人の新米パパです。息子が産まれてから毎日がとても新鮮で、とても楽しい毎日を送っています。

その反面、ぼんやりしたお金の心配が浮かんできました。「学費」「食費」など、必ず発生する費用は避けられないため、ジュニアNISAを活用し、資産運用を始めました。

同じように、お金の心配を抱えている人を一人でも減らせるように、情報発信を頑張ります!

目次

本記事の要点

幼稚園から大学までの学費は800~2300万円
毎月4万円の貯金を18年間続ければ800万円
18年間、利回り5%で運用すれば1390万円

子供1人にかかる学費はどれくらい?

最も大きな金額がかかる学費について考えてみます。
文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」を参考に学費を計算してみます。

ざきちゃん
子供がやりたいことを、やらせてあげられる親になりたいね!

学費結論

幼稚園から大学まで国公立だと786万円、私立だと2289万円の費用がかかります。子供が大学へ進学する18歳になるまでに、500~800万円を貯めることが目標ですね。

ざきちゃん
ちなみに、大学だけ私立に通うと、約1000万円かかるみたい!

国公立バージョン(幼稚園~大学)

幼稚園から大学まで国公立に通うと、合計786万円の費用がかかります。

国公立バージョン内訳

幼稚園 67万円(年22.3万円×3年)
小学校 192万円(年32.1万円×6年)
中学校 146万円(年48.8万円×3年)
高校  137万円(年45.7万円×3年)
大学  242万円(年53.5万円×4年+28.2万円)

私立バージョン(幼稚園~大学)

幼稚園から大学まで私立に通うと、合計2289万円の費用がかかります。

私立バージョン内訳

幼稚園 158万円(年52.7万円×3年)
小学校 959万円(年159.8万円×6年)
中学校 421万円(年140.6万円×3年)
高校  290万円(年96.9万円×3年)
大学  459万円(年108.6万円×4年+24.9万円)

ざきちゃん

国公立の3倍くらい私立はかかるんだね。。。スゴイ差!

資産運用のパフォーマンス

SBI証券の積立シミュレーションを使い、資産運用のシミュレーションを行います。

息子の運用額

息子の資産運用として、毎月4万円を積立しています。

・積立額は毎月4万円
・18年間後は積立元本は864万円
・投資利回りが5%の場合、資産額は1392万円
・運用益は528万円(元本の60%)

【投資効果シミュレーション】

ジュニアNISAとは

ジュニアNISA制度とは国が用意した非課税制度の1つです。ジュニアNISAの制度を利用すれば、5年間の非課税期間があり、運用益の税金を軽減することが出来ます。

2023年に制度が廃止となってしまいますが、約2年間でも非課税で運用をしたいと思い、制度を利用しています。

ジュニアNISAについては金融庁のジュニアNISAの解説HPをご参照ください。

息子のために運用している投資信託

SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
SBI-SBI・全世界株式インデックス・ファンド

世界の株式市場を牽引するS&P500、世界中に分散が効いた全世界株式の2つを運用しています。アメリカの成長に期待するのと同時に、世界人口の増加に伴う恩恵を授かりたいなあ~と思っています。

【チャート比較】VOO_VT

青…S&P500
赤…全世界株式

あわせて読みたい
【2022年3月更新】VTとVTIの違い(投資国/セクター/チャート比較) この記事では、全世界に投資するVT、全米に投資するVTIの違いを明確にしていきます。 比較する項目 国セクター銘柄チャート(値動き) 私も投資を始めた頃に、 「VTとVTI...

◆子供の資産運用まとめ

幼稚園から大学までの学費は800~2300万円を目途に準備する必要があります。高校までは国公立で、大学からは私立に進学することを考えると1000万円です。

18年間毎月4万円ずつを貯蓄していけば、864万円の貯金ができることが分かりました。投資利回り5%で運用ができれば、1.61倍の1392万円を準備することが出来ます。

想定外のことが起きることを考えると、大学進学費用の枠として100~200万円現金で準備する必要がありますね。

◆本記事の引用元

文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」

SBI証券の積立シミュレーション

ではでは~。

ブログ村の応援をお願いします。

ブログ村
人気ブログランキング

SBI証券、LINE証券を利用しています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
LINE証券口座開設

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる