【じっちゃま】ピンタレスト($PINS)/10%の急落!?/今後の見通し

5月1日、じっちゃまこと広瀬隆雄さんのYoutubeライブが行われました!

ピンタレスト(PINS)について、じっちゃまが話していた内容を振り返ってみます。

目次

じっちゃまのピンタレストへの考え

・ホールドで良い
・1Qの業績は良い、2Qの業績予想も良い
・投資家は誤解している可能性がある

ざきちゃん
ちなみに私は絶賛含み損中です!

ピンタレスト、2021年第1四半期決算

まずは、ピンタレストの第1四半期決算を振り返ってみます。
売上高、EPS、ガイダンスの全てで市場予想を超える結果でした。

ざきちゃん
ガイダンスとは会社が発表する来期の売上見通しのことです!

売上高

市場予想:4.71億ドル
結果:4.85億ドル(前年同期比+78.4%)

EPS(1株あたりの利益)

市場予想:7セント
結果:11セント

第2四半期の売上見通し

旧ガイダンス:5.22億ドル
新ガイダンス:5.58億ドル
売上高成長率:105%

決算発表後の株価急落

青…ピンタレスト(PINS)
赤…S&P500(VOO)

ピカピカな決算内容でしたが、決算発表後にピンタレストの株価は11%も下落しました。

株価が急落した理由は、ピンタレストが今後の業績に関して、控えめな見通しを発表したことが要因です。

・ユーザー数の伸びが鈍化する
・売上単価が高いアメリカのユーザー数が伸びない

ざきちゃん
売上高、EPS、ガイダンスの3つ共、市場予想を上回る結果となったのに、なんで!?

じっちゃまのお考え

Youtubeライブで、ピンタレストに関する質問に対し、じっちゃまがお答えになった事をまとめます。

じっちゃまの見解

じっちゃま
数字的には問題ないです。投資家は誤解していると思う。
じっちゃま
決算後に株価が急落したという事は、一部のアナリストが「経済再開の局面ではピンタレストは他のWEBサービスと比べるとアンダーパフォームするのでは?」という懸念を持っています。
じっちゃま
しかし、業績や来期の業績見通しを見る限り、そういう状況ではない。第1四半期の売上は前年同期比+78%となっているし、第2四半期の売上見通しでも前年同期比+105%となっており、数字は全然悪くない。むしろ、フェイスブックとかよりもピンタレストの数字の方が良い。

決算でチェックするポイントは売上・EPS・ガイダンス

じっちゃまは個別銘柄は決算を必ずチェックするように常日頃から言っています。

チェックするポイントは、、、

売上高、EPS、ガイダンスの3点がコンセンサス予想を上回っているか

の1点のみです。

今回、投資家が懸念していることが業績へ悪影響を及ぼすのであれば、ピンタレストが発表する売上高ガイダンスが悪かったはずです。

私が不安になってしまった「ユーザー数の伸びが鈍化するかもしれない」、「収益性の高い米国のユーザー数が伸びないかもしれない」といった懸念材料は、既にピンタレストの業績見通しに盛り込まれているということです。

ガイダンスが市場予想を上回っていたという事は、懸念材料は投資家が思う程のネガティブインパクトが無いという事でもあります。

個別銘柄を保有する場合は決算内容の売上・EPS・ガイダンスの3点をチェックし、株価推移やニュースに左右されないよう気を付けていきます!

ではでは~。

ブログ村の応援をお願いします。

ブログ村
人気ブログランキング

SBI証券、LINE証券を利用しています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
LINE証券口座開設

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる